人にばれないインスタ裏垢の作り方と設定チェックリスト

匿名のアカウントを作成するのは、さほど難しくはありません。
しかし、チェックしておかないと身バレしてしまう要素が数多くあります。

今回は、身バレしない裏垢の作り方と設定のチェックリストをまとめていきます。

念のために確認をしておくと、絶対に身バレしないアカウントというのはありません。
いろんな要素が複合的に重なって「あの人かも?」と思わせてしまうからです。
身バレする可能性をできる限り低くするための対策程度に考えてもらうのが良いかと思います。

リスクを減らして充実したインスタ運用を実現しましょう。

 

人にばれないインスタ裏垢の作り方

まずは実際に裏垢を作ってみましょう。
手順はたったの3ステップ。

①アカウントを追加
②ユーザーネームの作成
③ログイン情報の設定

※既にアカウントを持っている前提で解説していきます。

では、詳しくみていきましょう。

 

アカウントを追加

まずは、「設定」→「アカウントを追加」と進みます。

新しいアカウントを作成」を選択します。

 

ユーザーネームの作成

新しいアカウントのユーザーネームを決めましょう。
身バレしないように誕生日や自分に関連づけられそうなキーワードは避けましょう

非公開のアカウントでも、ユーザーネームと写真は公開されます。

 

ログイン情報の設定

ここでは、既存のアカウントと新しく作成するアカウントを紐づけることができます。

紐づけることによって、アカウント間の移動が非常にスムーズになります。
アカウントを紐付けても新しいアカウントの情報がフォロワーに共有されることはないので、身バレの心配はしなくてOKです。

こちらの画面で、前アカウントの知り合いが表示されます。
身バレはしたくないので、「スキップ」しましょう。

アカウントが完成すると、このような画面が表示されます。

続いて、身バレしないための設定を確認していきましょう。

 

非公開アカウントの設定チェックリスト

まず、知り合いの数名だけにアカウントを知らせたいという場合の設定を紹介します。
匿名で公開アカウントを作りたい場合は、読み飛ばしていただいて構いません。

設定を確認していく前に知っておいてもらいたいのは、非公開でもユーザーネームとプロフィール写真は公開されるということです。
設定の際は気を付けましょう。

 

確認する設定は以下の3つです。

・非公開アカウントの設定
・メンションの許可を切る
・タグ付の許可を切る

詳しく解説していきます。

 

非公開アカウントの設定

まずは、アカウントを非公開にしましょう。
非公開にすることで、あなたが許可したユーザー以外にプロフィールや投稿が見られなくなります。

設定」→「プライバシー」→「アカウントのプライバシー設定」を確認します。

「非公開アカウント」を有効にすればOKです。

 

メンションの許可を切る

「@」をつけて他の人にメンションされると、アカウントが共有されてしまいます。
メンションされても投稿内容やプロフィールは許している人しか見られませんが、共有されるのが嫌な場合は切っておきましょう。

設定」→「プライバシー」→「メンション」を確認します。

誰にも許可しない」にチェックを入れておきましょう。

 

タグ付の許可を切る

タグ付もメンションと同じように、アカウント情報が共有されます。
必要ならば切っておきましょう。

設定」→「プライバシー」→「タグ」を確認します。

誰にも許可しない」をチェックしましょう。
また、「タグ付けを手動で承認」をオンにすることで、タグ付された場合に「承認・非承認」を選択できるようになります。

 

公開アカウントの身バレ防止チェックリスト

身バレの要素はいくつかありますが、一つの要素から身バレするというよりは複数の要素が複合的に重なって「これはあの人では?」という思いに至ります。
ポイントを押さえて身バレを防ぎましょう。

身バレしないために気をつけるべきポイントは、主に以下の4つです。

  1. アカウント名の付け方
  2. プロフィール写真の選び方
  3. プロフィールの書き方
  4. 投稿の際に気を付けること

詳しく解説していきます。

 

アカウント名の付け方

身バレしたくない場合は、できるだけあなたと関連付けらない名前にしましょう。

例えば以下の2つのポイントを意識してみましょう。
・名前や誕生日等の自分に関わる情報は入れない
・他の自分が運営するSNSアカウントに関連するワードを入れない

自分に関わる情報を入れないことはもちろんですが、他に運営するSNSアカウントやメールアドレスに使用しているワードも避けましょう。

 

プロフィール画像の選び方

プロフィール画像を選ぶ際は、できるだけ自分との関連がないものが良いでしょう。
例えば、以下の点に気を付けましょう。

  • 自分が写っている写真は使わない
  • 自分の住んでいる地域の写真は使わない
  • 自分を連想させる画像は使わない

まず、後ろ姿や顔が見えないものでも自分が写っているものは身バレのリスクが高いです。
服装や髪型でも十分にわかってしまいます。
自宅の近所や職場、よく訪れる場所の写真は身バレしやすいです。
また飼っているペットや自分の好きなキャラクターを使うのも、身バレに繋がる可能性があります。

画像選びには細心の注意を払いましょう。

 

プロフィールの書き方

プロフィールに関しては自分の個性を出すポイントでもあるので、必要に応じてどこまでの情報を載せるかを判断する必要があります。

徹底的に身バレさせたくない場合は、以下のような情報を載せるのを避けましょう。

  • 個人情報は載せない
  • 好きなものや趣味は載せない
  • 経歴や職業を載せない
  • エピソードを載せない

こういった情報を載せなければ身バレは防げるかもしれませんが、個性がなくなってしまいます。
発信内容や届けたい思いによっては、載せた方が良い情報もあるでしょう。

プロフィールを作る際は、何を書いて何を書かないかをしっかりと決めてから作りましょう。

 

投稿の際に気をつけること

投稿を作成する際も、これまでに上記で示したような身バレ防止策を活用しましょう。
投稿数が増えれば増えるほど、あなたに紐付けられる情報は増えていきます。

最も注意すべきは、個人情報住んでいる場所の情報です。

投稿を重ねればネタ切れや油断からそういった情報を発信してしまう可能性も高まります。
徹底的に身バレのリスクを下げたいのなら、毎回の投稿にも注意を払いましょう。

 

 

身バレのリスクを下げて楽しいインスタ運営を

<身バレのリスクを下げるチェックリスト>
・公開か非公開かを決めよう
・アカウント名に気を付けよう
・プロフィール画像に気をつけよう
・プロフィールの書き方に気を付けよう
・毎回の投稿を気を付けよう

身バレのリスクは完全には拭えません。
しかし今回紹介した対策を講じておけば、発見される可能性は限りなく低いでしょう。
インスタグラムは国内だけでも3000万人以上のアクティブユーザーがいるので。
個人情報にだけは特に気を付けてくださいね。

身バレを防いで、楽しくあなたらしいインスタ運用を楽しんでください。